堀江貴文氏 生活保護世帯への進学支援「無駄遣い」 ネットで賛否の声も...

ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(45)が、生活保護世帯の子どもの大学や専門学校への進学を支援する一時金を支給するとした政府の方針について「既存の大学の枠組みを残すための税金の無駄遣い。優秀な学生には返さなくて良い本当の奨学金がすでに支払われる枠組みがあるんだから、優秀でもない学生がわざわざ行くところではないのに補助金だすとかマジおかしい」持論を展開した。

このニュースを受けて、ネットでは、

「この意見には同感だと思う。」

「全く出すなとは思わないが、ハードルはかなり上げていいと思う。大学や専門学校で明確な目標があり、学んだ分野での就職を約束できるなども必要かと」

「堀江やハシシタ好きじゃないけど、タマにズバリと良いこと言うね。」

「これはその通り。大学はみんなが行くものではない。自費で行くのならまだしも、税金使って行くならそれ相応の能力がある人でないと。」

「こいつ好きじゃ無いけど、今回のは正論だと思う。支給の条件に成績80%以上とか必要だと思う。ついでに、大学行かなくても優秀なやつはやっぱり凄い職に就いてるしね。」

「給付型の奨学金を受けられる優秀な子なら良いと思う。そうでないのなら貧困の再生産になるだけ。堀江氏の意見はある程度正しい。」

「今ある奨学金制度って、子供の成績が同じ評価でも、両親が揃っている家や父子家庭より、


母子家庭やら生活保護受給者が保護者の場合は、優先的に無利子の奨学金が受けれると思うのですが…。優秀な子は、その大学自体から学費の免除や減免があるし。」

「昔は子どもの教育のために必死に働いた親が多かったのに現在は親の代わりに国が教育無償化を唱えるのは本末転倒だと思う。そうして、本当に賢い日本人が育つのだろうか。親の代わりを国が行って果たしてそれは子どもためになるのだろうか。もっと、もっと議論して欲しいです。」

「同感。今は色んな方法があってどんな状況でも学校に行けるから。」

「この方の真意には必ず理がある。人間性はともかく賢い人だと思う。」

など、多くのコメントが書き込まれている。

【糞ワロタwww】 小林よしのり氏 安藤優子に激怒「ふざけるな!」

漫画家の小林よしのり氏(64)が、安藤優子キャスター(59)を、「『グッディ』安藤優子の二枚舌が酷い」のタイトルでブログを更新。

自身が支持している山尾志桜里衆院議員のダブル不倫疑惑報道をフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」が再び取り上げたことを受け、「まだ不倫『疑惑』バッシングの続報をやろうとしているのだ。レベルが低すぎて恥ずかしいとは思わないのだろうか?」と嫌悪感をあらわにした。


このニュースを受けて、ネットでは、

「どちらかと言えば、山尾だけを庇う 小林の方が信用出来ないだろう。」

「確かに偏ったマスコミはあるだろうけど、それと同じように偏った発言をしていると思わないのか?」

「もう駄目かもしれんね。」

「小林よしのりさん、あなたこそ「ダブスタ」議論の余地なし。国会議員の不倫はだめ⇒「優秀ならいい」おかしいでしょう!」

「グッティの取り上げるもの全てが安藤さんの意向によるものではないと思いますけどね。それよりこの方は何でここまで山尾さんを擁護してるの?」

「何で、この男 何かを発言するのに感情を交えるのか? 是非はともかく、普通に言えばいいことだろう?山尾氏の不倫(?)報道は、


その不倫の真偽は別として山尾氏の行動に誤りが多いのは確かと私は思う」

「可愛い弟子だから庇うのはわかるが、公平な目で見てないように感じる。社会一般には、やはり山尾のしていることは、受け入れられないと思うのが、当然ですよね。」

「良く分かってないのかとぼけてるのか。山尾氏は不倫そのものだけが問題視されている訳ではない。今までの活動や発言からはあり得ない行動や弁明に批判が集中している。不倫と政治家としての仕事が直結していなければ興味は無いが、彼女は国会発言との矛盾で政治家として問われる時点でただの不倫疑惑ではない。この不倫疑惑はただの下ネタではない。」

「貴方もかわらなーい。」

「執拗にはどうかわからないが不倫なんかしてる政治家に国営なんて任せたくないと思うが。。ちなみにどの辺が二枚舌なのか書いてないけどなんで?」

など、多くのコメントが書き込まれている。

【速報】輸入車販売が30万台超えへ!! ベンツ、BMW…ドイツ勢好調で...

日本自動車輸入組合(JAIA)が発表した1~11月の外国メーカー車の新車登録は、昨年同期比3・6%増の27万4595台。12月が昨年並みにとどまっても、消費増税前の駆け込み需要で30万台を超えた1997年と同水準になる。

2017年は輸入車市場が活況で、20年ぶりに年間販売が30万台を超えることがほぼ確実となった。


このニュースを受けて、ネットでは、

「日本車が高くなってきているから相対的にお値打ちな感じがするんだよね。カムリに400万払うんだったらと思ってしまう。」

「2000年前後と現在、エントリーモデルの価格。輸入車は常識的な値上げに留めているけど、国産車の値上げが酷い。」

「確かに最近よく目にするね。」

「ベンツを筆頭に、ドイツ御三方を見る機会は本当に多い。やっぱりデザインかなー。国産車との格好良さが全然ね、もう比較にならない。運転するワクワク感も。」

「日本車が高いから、それなら外車に乗りたくなるかな。」

「日本車が情けなさ過ぎる。ミニバンに現抜かしているから魅力的で面白いクルマがなくなった。」

「気のせいか、Sクラスや7シリーズは昔ほど見かけなくなった。」

「国産に魅力的なクルマが無いだけ。所帯じみたミニバンと軽自動車ばかりで、


没個性で似たり寄ったりで且つ、価格も規制絡み?で上昇。国産車が売れなくなるのは当然。」

「まぁ、輸入車は昔と価格が然程変わらないけど、国産車が高過ぎ!軽自動車でも200万円、小型のコンパクトでも200万円、普通のセダン300万円、ミニバン300~400万円で信頼性は高くても個性が無い。然も値段に比例して外観のセンスが悪くなる国産車は衰退して行くと思う。」

「まぁ輸入車も先に人気モデルを見越して生産して未登録車として在庫かかえてるから値引きが結構あるからね。ヤナセでもこのモデルのこの色でこの装備ついてるグレードでって聞いたらすぐに調べてくれて合致したらすぐに手続きしてくれるしな。昔に比べたら御三家が高級車ってイメージよりも大衆車に近い感じになったと思う。もちろん車としては素晴らしいと思う。」

「ベンツやBMWは最近かっこよくなったけど、トヨタなんかのデザインはちょっとなぁ。」

など多くのコメントが書き込まれている。

posted by トレンド芸能情報局 at 17:22自動車